健康【コラム】

その首コリ肩こり、噛み合わせの癖が原因かもしれません

デスクワーク中心で、日頃から疲れやすく、肩こりで悩んでいます。
たまたま歯医者に行った際に上下の歯を日頃からくっつけている事が原因かもしれないと言われましたが、本当なのでしょうか。

1日に上と下の歯がくっついている時間は約17.5分と言われています。
くっついているのが普通と思われる方も多いですが、実はそうではありません。
上下の歯をくっつける癖があることをTCH(Tooth Contacting Habit)といいます。
TCHが続くとさまざまな不調につながる可能性が高まります。

普段なかなか意識することのない口腔内の環境ですが、TCHは現代人に多い頭痛や肩こり、不定愁訴(原因はわからないけれどもなんだかだるい等)の原因のひとつと言われています。
どのようにして改善していけばいいか一緒に見ていきましょう。

理想的な噛み合わせの状態とは?

リラックスした状態では、上下の歯は当たらないように少しすいている状態になります。
「唇を閉じて、上下の歯は当たらず、舌は上あごに触れている状態」が理想的です。
舌の形がボコボコしている人や口の中に白い線(喰いしばりによってできる特徴です)がある人はTCHかもしれません。

みなさんはいかがでしょうか?

TCHの原因

TCHが起こりやすいのは、何かに集中している時や緊張状態にある時です。
特に、パソコンやスマホをよく使う場合にも起こりやすくなっています。
うつむきや身体の傾きも関係するといわれています。

癖を修正するコツ

TCHの改善策としては、歯がくっつかないよう日頃から意識することが第一です。

オススメ方法

  1. パソコンやキッチン(よくうつむく場所)に付箋を貼ります
  2. 付箋を見たら「歯をくっつけない」と意識します
  3. これを続け、身体に歯の正常位置を覚えさせます

また、ストレスや過度な緊張状態にさらされている人は、休息をしっかり取れるよう生活や仕事を見直してみてください。
リラックスする際にはうつぶせ寝は避け、あごの関節に過度な負担がかからないようにするのも大切です。
この機会に自分の口腔内をチェックし、改善に役立てていただければと思います。

※もしお悩みが解決しない場合や不安が大きい場合には、迷わず専門家にご相談ください。

ABOUT ME
【保健師】砂川 菜美
市の保健センターにて勤務後、現在は産業保健師として活動しています。 赤ちゃんからお年を召された方まで、幅広い年齢の方々の健康に携わってきた経験を活かし、それぞれのライフスタイルに寄り添った情報提供ができればと思います。 【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者、人間ドック健診情報管理指導士、NARD JAPAN認定アロマアドバイザー